スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

ミニコンポ修理(ONKYO FR-7GX)

======================================
2013/05/01 追記しました。
======================================

最近ミニコンポの修理で遊んでます。
今回はONKYOのミニコンポに手を出してみました。

ラベルにはCD読めない、MD読めないと説明書きがありましたが、
自分が触った分にはMDは問題なさそう。CDの出し入れはOKですが
単純にCDが読めない様子。これを修理したいと思います。

IMG_8359.jpg


今回の機種は分解、修理などを紹介しているサイトがあったのでそこを参考にさせてもらいました。

http://www.suwa-koubou.jp/

1点注意するのはフロントパネルからリアパネルに繋がるヘッドフォン関係のケーブルの抜き方。
上記のサイトにも書いてあるのですが「コネクタを押してケーブルを引き抜く」タイプです。
これにしばらく悩みました。

IMG_8264.jpg

一度分解してCDユニットを外出しにした形で動作確認。
読もうとするのだけど、焦点が合わず1/4回転位で止まってしまいます。

IMG_8232.jpg

PCエンジンで言うとVR102辺りがずれているような感じ。
でもこの手のコンポってレーザー調整のボリュームしかないのでどうしようもない状況。

ネットの情報ではCDトレーのベルトがくたびれていると
ピックアップが上まで上がりきらずCDが読めないという話もあるので
代替の交換ベルトを仕入れて比べてみます。

IMG_8230.jpg

若干変形してましたが、滑っている感じではないですね。
結果としてベルト交換しても症状は変わらず。

IMG_8231.jpg

仕方がないので交換用ピックアップを海外から取り寄せます。
国内でも売っているのですが値段が高いので。。


待つこと半月。待ちわびた SONY KSS-213C が届きました。
1個あれば良いのですが個体差が大きな製品なので3個注文しました。

IMG_8342.jpg

因みに左は純正のKSS-213CL 、右は交換用のピックアップのKSS-213C。
新品なので半田を除去する必要があります。

IMG_8351.jpg

早速交換してみたところ、大体音楽CDは認識するようになりました。
しかし特定のディスクではCDを認識しなかったり
音飛びもポロポロ発生にするので動作がイマイチですね。
プレスの音楽CDがこんな状態なのでCD-Rは運がよければ認識というレベルです。

IMG_8389.jpg

他のピックアップにも交換してみましたが音飛びが完全に消えないですね。
面白いことに1Track、2Track辺りで音飛びや認識できない症状が出ています。

トラックの前半でおかしくなるのでピックアップのすべりが悪いのかと
再度念入りにスライドレールとピックアップ、ギア周りのグリスアップをしてみましたが
特に効果なし。 orz

本末転倒ですが千円札を1枚出してもう一台ジャンク品を仕入れてみました。
それも同じようにCDを認識しないジャンクですが、そちらではピックアップ交換で
音飛びも発生しないしCD-Rもきちんと認識しました。

って事はピックアップだけでなくピックアップ周りのユニットにも原因があったようです。

IMG_8392.jpg

しかし原因が釈然としないですね。

今記事を書いていたら、前半トラックで音飛びやエラーが起きるのって
スピンドルモータ側とスライドレールで水平が取れてないんじゃない?って気がしてきました。
水平が取れてないからピックアップの位置によって距離が合わないのかも。。。
あくまで机上の想像ですが・・・・

IMG_8388


後日もうちょっと遊んでみます。


==================================================

ピックアップを交換したもののトラックの前半で音飛びが発生する件。
ピックアップのユニット、というかピックアップアセンブリに問題があるんじゃないの?
という予想から遊んでみました。

今までの切り分けなどを整理するとこんな感じです。

(1)音飛びは本体側の基板の問題ではない。
   CDドライブユニットを正常なものと交換して確認。

IMG_8372.jpg



(2)CDドライブユニットの問題でもない。
   ピックアップをアセンブリごと正常なものと交換して確認。
   CDの排出などを行うCDドライブユニットの問題でもないです。


 なので音飛びの原因はピックアップアセンブリのどこかにあります。
 ピックアップ自体は何個か交換してみたものの音飛びが綺麗に消えないという状況です。

IMG_8349.jpg



先に結論から言うと今回のコンポはスピンドルモータ周りが原因だったようです。


(原因1)スピンドルモータの軸がきちんと垂直になってない。

   写真ではわかり辛いですが微妙に外周側の方が幅が狭まってました。
   要は軸がピックアップ側に倒れている状態。
   ディスク面とピックアップの移動方向が平行でないなら
   ピックアップの場所によって音飛びが発生するのは当然と言えば当然ですね。

IMG_8584.jpg

   試しにビニールテープを貼り付けてディスクの高さの調整をしてみたところ
   音飛びの出る場所に変化が見られたので確実ですね。

IMG_8594.jpg


   スピンドルモータが斜めっているなら下の図のようにモータのネジを緩めて、
   モータと土台の間に紙でも挟んで平行にしようと考えました。

IMG_8592_002.jpg


   しかしこんな入り組んだ所のネジは自前の工具じゃ回せないです。
   更にスピンドルモータの先のディスクを乗せるプラスチック部分も
   軸にガッチリついてて簡単には外れません。何か特殊工具でも必要なのでしょうか。

IMG_8593.jpg

   結局ピックアップアセンブリの土台の鉄板を若干ひん曲げて調整してみました(無茶)
   これによってトラック前半でのみ音飛びが出ていたのが、
   トラック全体で音飛びが発生するようになりました。

   見た目の症状は悪化しましたが、水平がとれて症状が均一になったので一歩前進!!


(原因2)スピンドルモータの軸が曲がっててCDが1回転する間の上下のブレが大きい。

   てっきりディスク自体が変形していると思っていたのですが、
   正常なドライブと比較してみると上下のブレが結構大きい事に気づきました。

   更に言うなら音飛びのタイミングがCDの回転に会わせて起きています。

IMG_8587.jpg


   何で軸が変形しているのかわかりません。土台の鉄板を曲げるときは
   軸を曲げないようにかなり注意していたので犯人は私ではない(笑)

   CDの出し入れで何か引っかかって曲がったのか?でもそれ位で軸が変形するのかな。
   前の所有者が変にいじって曲げた?どうなんでしょ。



   長々と書いていますが、取り付けが水平でなかったという話、
   また軸が曲がっているという状況から考えると
   スピンドルモータを交換するしか対応策はないです。

   しかしスピンドルモータ単体の部品は売ってないようなので
   結局ピックアップを含めたピックアップアセンブリ交換ということになります。

   ebay:KSS-213C Mechanism
   CDPartsman:KSS-213C(ASSY)

   なおebayのピックアップアセンブリの場合、ディスクをマグネットで固定するタイプと
   ディスクをカチンとはめ込むタイプの2種類があるので購入時はご注意を。


   因みにググると「ピックアップ交換したが音飛びが消えない」という事例は
   チョロチョロ見かけますが、今回の原因が全てとは思ってません。
   ウチのミニコンポはこういう原因だったという事例の報告です。あしからず。

   以上、ONKYO FR-7GXの修理でした。

もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします
スポンサーサイト

ミニコンポ修理(Panasonic SA-PM57MD)

以下、下書きのまま放置していた1週間遅れの記事です。。

-----------------------------------------------
先日MDコンポが修理できたことに味をしめ、
性懲りもなくワンダーレックスでジャンクオーディオを買ってきました。

Panasonic SA-PM57MD という5連のCDチェンジャー、
1基のMDドライブを持つミニコンポです。

IMG_8233.jpg


ラベルには「MD,カセット再生できました。CDだめです。」と一言。
「だめです。」って何よ?何がダメなの?(笑)

店で電源を入れてみたら確かに認識しないというよりモーターも動いてない様子。
よくみると中にディスクが入ってます。どうもこれが噛んでしまっているみたいですね。

IMG_8244.jpg

中でバキバキにメカ部分が壊れている可能性もありますが
1500円でお持ち帰りしてきました。

何はともあれディスクを取り出さないことには始まらない。早速分解開始です。
まずは側面の鉄板を取り出して・・・・

IMG_8234.jpg

てっぺんのカセットのユニットを取り外し・・・・・
IMG_8235.jpg

次にフロントパネル。
IMG_8237.jpg

次にリアパネルを外して・・・・
IMG_8242.jpg

CDチェンジャーを取り外すには側面の縦置きの基盤を引っぺがして・・・ケーブルを外して・・・・
ってなんだか面倒になってきました。

手を止めて考えること10秒。。。。
ダメ元でCDチェンジャーの隙間にラジペン突っ込んで
ディスクを引っ張り出しちゃいました(笑)


IMG_8246.jpg

ディスクが取れたので試しにフロントパネルをつけて動かしてみます。
メカ部分が壊れているとか、ゴムベルトが劣化しているとか、ピックアップがくたびれているとか
どんな不具合があるのでしょうか。色々想像しながらスイッチオン。

CD1~CD5までイジェクトは問題なさそう。
試しにCDを入れたらCD1~CD5まできちんと認識します。
再生も出来ちゃいます。噛んでいたCD-Rもいけますね。

ってことは・・・

「CDだめです」ってのは単にディスクが噛んでいただけ???

IMG_8250.jpg

ある意味とてもラッキーなジャンク品ですがちょっと拍子抜け(^^;




まぁ・せっかくここまで来たのでCDチェンジャーを取り外して中をお散歩してみます。
まずは側面の基盤を外して・・・CDチェンジャーのケーブルを外して・・・
IMG_8254.jpg

底板ごとCDチェンジャーのユニットを取り外します。この辺りは前のコンポと一緒ですね。
IMG_8255.jpg

んでCDチェンジャーが張り付いている底板と上面の白いカバーを外せばご開帳。
IMG_8258.jpg

前回のコンポとはまたずいぶん違う作りをしてますね。
IMG_8262.jpg

何とかトレーを取り外せれば色々と分解できそうです。
どこかにあるロックを外せばトレーが自由になりそうですが・・・・・
IMG_8259.jpg

悩むこと15分。今回も時間切れ。ネットで構造とかもうちょっと勉強しないとダメですね。
とりあえず一旦組み立ててその日は終了。

翌日、MDの動作確認を兼ねてCD5枚を一気にMDに焼いてみましたが問題なし。
スピーカーからの音の出力も確認。ラジオもOK。カセットもOK。完璧です♪
----------------------

結局今回のジャンク品は単にCDを噛んでいただけでした。
CD-Rも再生出来るのでピックアップも問題なしです。
こんなものでもジャンク品として販売したりするんですね。。

店側にしてみればちょっと直せば復活するようなものでも
手間賃を考えたらジャンク品で売った方が良いのでしょうか。

もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

ミニコンポ修理(DENON D-XW33)

最近暖かくなってきましたね。

知人から壊れたミニコンポ(DENON D-XW33)を入手したので修理して遊んでみました。
3連のCDチェンジャー、2機のMDドライブ搭載のミニコンポです。

IMG_8039.jpg

症状としては以下の通り。
・通電しない orz

いきなり入り口から死んでます。

電源周りの故障かと思ったら単にケーブルの断線でした。
100円ショップの延長コードを加工して繋いでみます。

IMG_8001.jpg

ディスプレイに表示が出てきました。とりあえず通電問題は解決?

IMG_8002.jpg

さて、通電するようになったので色々操作して問題点を探してみると・・・

[問題点]
・CD1~CD3ともディスクの出し入れは出来るが全てディスクの読み込みが出来ない
・MD1は大丈夫そう。MD2がディスクを入れても数秒で吐き出される

CDは全て読み込めないので恐らくピックアップの問題かと。
MDは何かしら物理的に問題があるのでしょうね。

さて、どのような手順で分解すれば良いのか。。。頭から煙が出てくる作業です。

IMG_8043.jpg

MDドライブなどは土台の矢倉ごと外せば良いのか?
CDチェンジャーは構造を見ると底板側から外す様子。

IMG_8045_1

電源のついた底板とCDチェンジャーをまとめて下方向にずらし
底板とCDチェンジャーを分離させて間にあるCDチェンジャー側のフィルムケーブルを外して・・
それにしても分解し辛い。

どうにか底板とCDチェンジャーは外せました。

IMG_8014.jpg

ピックアップを引っ張り出すためにカバーを外します。

IMG_8017.jpg

カバーを外すとピックアップがこんにちは。

IMG_8019.jpg

案の定ピックアップレンズが汚れているので綿棒とイソプロでクリーニングします。

pickup_before.jpg

端の方に汚れが残っていますがクリーニング完了。

pickup_after.jpg

本来なら3枚のディスクを出し入れするメカ部分も分解してグリスアップしたいですが、
分解方法が・・・難しいです。時間も遅いのでグリスアップはとりあえず保留(^^;
今の状態でもディスクの出し入れは問題ないですし。。



因みに使っているピックアップはSONY製のKSS-213Cというもの。
レーザー調整用のボリュームがあるので気持ちちょこっと時計回しに。回す方向はバクチです(笑)

KSS213C.jpg

試しに一旦くみ上げ。CD1~CD3まで全てきちんとディスクを認識し、
再生も出来るようになりました。

IMG_8033.jpg



次はMDドライブです。

まずは土台の矢倉ごとユニットを取り外します。

IMG_8051.jpg

MDドライブは防塵対策なのかコンポ内部にホコリが入らないよう鉄板で密閉されています。

IMG_8058.jpg

更に分解していきます。ベルトドライブは使ってない様子。
てっきりベルトドライブの劣化が原因と思っていたのですが・・・
それにしても細かい作り。分解/組み立ては知恵の輪状態です。

IMG_8061.jpg

ピックアップレンズのお掃除と可動部にグリスアップ。
とは言えど全バラすると地獄を見そうなので出来る範囲で。

IMG_8063.jpg

自信はなかったですが試しに組み上げてみた所、MDドライブがきちんとディスクを飲み込んで
正常に再生が出来ました。もう片方のMDドライブも録音/再生も出来ますね。

これでCD、MDとも使えるようになりました。
ラジオは確認してませんが外部入力もヘッドホンも使えるし、よろしいんじゃないでしょうか。

IMG_8069.jpg

CD読めません、MDダメですみたいなジャンク品のミニコンポをハードオフでよく見かけます。
分解して掃除すれば高確率で直ったりするのでしょうかね?

以上、ミニコンポ(DENON D-XW33)の修理でした。

もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。