スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

自作デスクライト

前々から作業台の上(単なるコタツ)が暗いと感じていて電気スタンドを立てたりしていたのですが、
車やバイクの装飾に使われるLEDテープがアマゾンで安く売っているという話を聞いたのと
LEDで照明を自作するというネタを見たりするので試しに自分も作ってみたというお話です。

LEDテープによる照明というと電気スタンドの蛍光灯部分をLED化したとか、
水槽やフィギュアを照らすライトにしたとか、ネット見たりしますが
自分が考えたのは液晶モニタの上部に設置して作業台を明るくする。それだけです。
場所を取らないから作業台が狭くならないんですよ。

S1607_IMG_4160.jpg



材料としては、まずはLEDテープ。 5mで300円。 (約2.5m使用)
amazon_led_tape.jpg

そして輝度コントローラ。1個229円。明るさを調整できるようにしたかったので購入。
amazon_volume.jpg

そしてACアダプタ。12V5Aのものです。(プラグはセンタープラス、内径2.1外径5.5の一般的なもの)
家に転がっているアダプタを利用しても良かったのですが、容量に余裕を持たせたかったので購入。
amazon_ac.jpg

このほかダイソーで買ってきた乳白色のポリプロピレンシートとクッションつきケーブルフック
S1607_IMG_4165.jpg

S1607_IMG_4167.jpg

あとはホームセンターで買った30円のステー3本と家に転がっていた適当な木材、って所です。


点灯の仕組みはとても単純。ACアダプタにLEDテープをつなぐだけ。
実際に自分の環境ではどれくらいの量のLEDを使えばいいのか解らないので・・・まずは仮組み。
液晶モニタに両面テープのフックを貼り付け、セロハンテープでLEDを仮止めした板を乗せてみました。

S1607_IMG_4115.jpg

1列だと暗すぎ、1列ずつ追加していって4列並べるとそれなりの明るさになりました。
LEDテープの消費電力は1メートル当たり4.8w、使った長さが2.5mだから12Wですね。
ACアダプタが12Vだから1A、余裕もってACアダプタは2Aもあれば十分。わざわざ5Aを買うこともなかった。。

次に構造です。
まずは表面。LEDむき出しだとホコリが溜まったりするし、ギラギラと光が強すぎるから
半透明のカバーをかけよう。
そして裏面。仮組みで使ったフックにひっかける形が一番手っ取り早い。フックの材質が金属だから
フックを曲げることで角度の調整も出来ますね。

ってことでとりあえず幅60mm、厚さ9mmの板の表面と裏面に木枠を追加。
S1607_IMG_4135.jpg

裏面のフックに引っ掛ける部分はこんな感じにしました。3mm板に切れ目を作ってステーをねじ止め。
出来た四角い隙間に液晶側のフックを差し込む形です。(とても単純)
S1607_IMG_4156.jpg

表面はLEDテープを貼り付け、ダイソーのPPシートをカバーにしています。
S1607_IMG_4145.jpg

でで、実際に設置してみた写真がこちら。デスクライトのACアダプタは液晶モニタの裏側に設置してます。
S1607_IMG_4161.jpg

輝度コントローラでスイッチON。カバーをかけて少々暗くなるかと思いましたが十分明るいです。
コントローラで明るさも7?8?段階で調整できます。機能的には十分です。
S1607_IMG_4159.jpg

ちなみに液晶モニタ、ノートPC、デスクライトのACアダプタのコードが邪魔くさかったので
ダイソーで買ってきたフック付きのカゴをモニタに背負わせて
その中にACアダプタ関係をまとめました。 どうせならカゴをもう1個増やしてラズパイ3を格納したい気持ちも。。(^^;
S1607_IMG_4163.jpg

とりあえず場所を取らないデスクライトが完成です。お値段的にも安く作れたかなと。
みてくれも構造もアレですがとりあえず機能すればいいやってことで。(^^;

以上、デスクライトの自作でした。
もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします
スポンサーサイト

モニターアーム自作その2

以前ベットで寝転がってテレビが見たいという欲望から
クリップライトを改造しワンセグテレビ(モニターとして)をベッドの脇に取り付けました。

S1310_8968.jpg


これでも良かったのですが、
もっと高い位置にモニタを取り付けたいと思っていた所・・・
ハードオフで本命のアームライトを見つけたので速攻で確保しました。
S1310_9902.jpg




蛍光灯の部分は要りません。単にアーム部分が欲しい。
試しにベットの脇にアーム部分を取り付けてみると・・十分な高さ。ばっちりじゃないですか。
S1310_9903.jpg

モニタ部分とアーム部分の連結は前回使ったステーをそのまま流用しました。
運よくアーム側のパーツにあちこち穴が開いていたおかげで
無加工でボルト止めが出来て良かったです。
S1310_9906.jpg

とりあえず仮組み。特に問題はありません。これで一層ただれた生活が出来そうです。
S1310_9909.jpg


今回を機に枕元にPC用のスピーカーを設置します。
もともとヘッドホンや100円ショップのミニスピーカーを使って音を聞いたりしていたのですが、
30分~1時間使っていると耳が痛くなってくるのでアームライトと一緒に確保しました。
S1310_9936.jpg


少々サイズオーバーですが入力も2系統あるし、私の好きなケーブルが全て引っこ抜けるタイプ。
スピーカー本体から直接ケーブルが出ている形式だと
ケーブルの長さやプラグの口径を考慮する必要があるんですよね。。。。
S1310_9940.jpg

で出来上がった形がこれ。
S1310_9929.jpg

寝ながらテレビの形がやっと完成しました。
因みに地デジチューナーの出力をAVセレクター経由でモニタに出しているので
寝ながらゲームというのも出来なくはないです。(凄く腕が疲れそうなのでやりませんが)

以上、モニターアーム自作その2でした。
もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

棚自作

ベッドの枕元においている目覚まし時計などを置く場所が欲しい!!
子供に言われ・・・棚を自作しました。

単にベッドの手すりに土台になる板を渡し、引越しを機に使わなくなったカラーボックスを
横倒しにしただけですが・・・(^^;

S1310_9928.jpg


気休め程度ですが、てすりから板が外れないようコの字にしたり、
L字の金具を使ってカラーボックスも固定してます。
S1310_9924.jpg

横倒ししただけだと使い勝手が悪いので左半分に新たに棚も追加しました。
S1310_9927.jpg

棚板を追加するならダボ穴を開けて・・・と正攻法で色々考えていたのですが、
分解して穴の位置をけがいてと結構面倒臭くなるので
ベニヤ板を使って棚板を下から支える形にしました。

因みにベニヤ板と棚板はホットボンドで固定しているだけなので
取り外しも簡単。棚板の位置を変更するのも容易かと。


こういうのを家具屋で調達すると結構な値段になるのですが、
今回の制作費は500円でお釣りが出るレベル。(^^;
家の中で邪魔臭かったカラーボックスも再利用できたし万々歳です。



もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

縁台自作

自宅にLTが届いたので修理して遊んでいた所・・

洗濯物を干すのにボロボロで危ないからいい加減何とかしろ!
と家族からブーイングが出たので(正確には去年からずっと言われていた)
作業を中断して10年前に購入した縁台をリプレースすることになりました。

S1307_IMG_9174.jpg


最初は縁台を補強して修理しようと考えていたのですが、横幅は最低180cm、出来れば240cm、
どうせなら踏み面(奥行き)は60cmは欲しいという家族からの要求。

それって・・・倍以上の大きさ、というか完全に置き換えじゃん(^^;;;
その大きさを考えたら買ってくるよりもDIYした方が安いという結果になり
図面作ってホームセンターでウッドデッキ用の材木を買ってきました。

S1307_IMG_9146.jpg

因みに材木のカットは寸法を伝えてホームセンターで切ってもらいました。
会員だと10カットまで無料ですし、店にお願いすれば精度良くきちんと垂直にカットしれくれるので。
というか、こんな量をノコギリ一本でギコギコやってられないです。

さて、図面に会わせて材木もカットしてもらったので後は組み立て。
その前に全ての材木に防腐剤を塗布します。

S1307_IMG_9166.jpg

組み立て工程の写真を残してなかったので3分クッキングになってしまいますが
クソ暑い中、大汗をかきながら電動ドリル片手に土台の矢倉を完成させました。
幅180cm、奥行き60cm、予想以上に重くなってしまいましたが強度は十分かと(^^;

S1307_IMG_9180.jpg

後は踏み板を固定すれば完成です。来週末には出来上がるかと。。

もうちょっと続きます。。。

=====================================================

自分が仕事に行っている間、踏み板はカミさんが固定してくれました。
S1307_IMG_9224.jpg


これで完成と思っていた所、踏み板の面取りをしてないことに気づきました(汗)
座ってみると切り口がギザギザで痛いというクレームが。。。。
S1307_IMG_9216.jpg

仕方がないのでディスクグラインダーで面取りし、サンドペーパーで整えました。
少々いびつですが防腐剤塗れば目立たないでしょう。。。
S1307_IMG_9221.jpg

ってことで出来上がったのがこの形。これで座ってももう痛くありません。
S1307_IMG_9228.jpg

七輪で肉でも焼きながらビール片手に宴会でもやりたい気分です。
S1307_IMG_9253.jpg

家族からも洗濯物を干すのが非常に楽になったという声も。

縁台を作るのは初めてでしたがなんとか上手く作れました。出来上がりに十分満足です。


もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

モニターアーム自作

以前「ベッドでテレビが見たい」という欲望から
ワンセグテレビをベッド脇の鴨居に設置しました。

S1306_IMG_7641.jpg

これはこれで非常に良かったのですが、
体を横に向けないとテレビが見れないってのと片耳で音を聞く形になってたので
くねくね曲がるモニターアームの形にしたいと常々思っていました。

ただモニターアームといっても車載用のものは土台が吸盤とか両面テープのものが多い、
両脇から挟みこんで固定するタブレット用のものだと液晶が肉厚すぎて使えない、
だからと言ってPC用のモニターアームなんて高すぎ(^^;;;

でで、ハードオフとかのお店に行く度に手ごろなものはないか?
と気にしていた所・・・やっと巡り合えました。クリップライト(315円)です。

S1306_IMG_8939.jpg

このクリップライトの先を電球でなくワンセグテレビに変えれば
くねくねと角度も調整できるモニターアームが作れるかと。


まずはクリップライト側の作りを確認。
中空のくねくねパイプにケーブルが通ってて・・、くねくねパイプの先っぽはネジが切ってあって
そこにライトの傘の鉄板を通してナットで止めているだけ。(写真なし)
傘の鉄板部分がワッシャーのようになっているイメージです。


次にテレビ側。角度調節のための部品が色々着いているのですが、
よくよく調べてみると土台と角度調整用の部品は単に木ネジで繋いであるだけ(笑)
丁度良いので角度調整用の部品はそのまま使いましょう。
S1306_IMG_8952.jpg


さてこれらをどう繋ぐか。ホームセンターで100円のステーを買ってきました。
S1306_IMG_8971.jpg

開いている穴の間隔は液晶側の木ネジとぴったり。(そういうステーを選んでいるのですが)
くねくねアーム側は・・・ヤスリで四角く穴を広げました。
S1306_IMG_8954.jpg


早速組み上げてみます。くねくねアーム側のナットの締め上げがちょっとてこずりました。
今考えれば14mmのナットを片側だけでなく双方に入れて締め上げればサクッと出来ましたね。
S1306_IMG_8960.jpg

全体像としてはこんな感じ。
S1306_IMG_8962.jpg


さて具合はどうでしょうか。ん・・・なかなか良い感じです。
S1306_IMG_8965.jpg

そして出来上がった形がこれ。液晶の位置が高くなるので
体を横にする必要もないし液晶の向きを自由に調整できるのがGoodです。
S1306_IMG_8968.jpg


因みにクリップでベットに固定しようとした所、クリップが小さすぎたので
木材の切れ端を使って固定してます。とりあえず仮止めなのでタイラップで止めてますが
そのうちなんとかしようかと。
S1306_IMG_8967.jpg


これで更にただれた生活快適な生活が送れるようになりました。

===============================
2013.10 追記
本命のアームライトが手に入ったので作り直しました。
http://anythrepair.blog.fc2.com/blog-entry-46.html


以上、モニターアームの自作でした。





もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。