スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

電気ケトルの修理

先日会社から帰宅すると机の上に電気ケトルが。
家族に聞くと「電気ケトルが壊れた」とのこと。
001_IMG_8811.jpg

話を聞くと・・お湯を沸かしていたらスイッチが自動的にOFFにならず
しばらく沸騰した状態が続いてた。空焚きにはならなかったものの
それ以降スイッチをON/OFF出来なくなったそうな。

散々沸騰させたらカチカチとスイッチをON/OFFできなくなったって・・・・
熱で変形しちゃったんじゃないの?多分無理だと思う。(^^;一応見てみるけど


何はともあれ・・とりあえず分解。
001_IMG_8785.jpg

スイッチ部分を取り出してみると・・・うわ。。。溶けてる。
001_IMG_8791.jpg

一応スイッチはON/OFFできますね。これはスイッチがOFFの状態。
001_IMG_8790.jpg

そしてこれがONの状態。
001_IMG_8789.jpg

でもカチっとスイッチをONにしてもONのままにならずOFF側に返ってきてしまいます。
これは正常なのでしょうか?

もうちょっと分解してみたら構造とかが解りました。(同時に変形してるスイッチにため息)
下の写真は熱でスイッチが壊れていてOFFの状態でも端子が接触しちゃってます。
001_IMG_8794.jpg

正確にはこうなっているのが正解。上下するプラスチックの部品に端子が引っかかっていないと
スイッチのON/OFFで電気が切れない訳で。
001_IMG_8799.jpg

この状態にしたらスイッチをONにしても戻ってくることはなくなりました。OKOK。

因みに自動でスイッチがOFFになる仕組みは裏側にある円形のバイメタルって金属で行ってます。
バイメタルってのは熱膨張率が異なる2枚の金属を張り合わせたもので、
温度によってこの金属が変形しONになったスイッチを押し上げてOFFにしている構造です。
こんな作りになっているのね。勉強になります。
001_IMG_8800.jpg


さて作りは解った。どうしましょうか。見て触っていじった結果、
端子を引っ掛けているプラスチックのツメが甘いということが判明。
ツメの長さが全然足りない状態。
IMG_8803.jpg

ツメを再生させる?熱がかかる所だから下手な材質のものは使えないですね。
仕方ないので端子側を加工し、端子とツメのかみ合わせを大きくしてみました。
001_IMG_8807.jpg

何度も何度も何度も何度もスイッチをON/OFFしてかみ合わせをチェック。
ん・・・・・なんとかこれで行けそうです。
IMG_8812.jpg

早速お湯を沸かしてみたところ、お湯が沸けば自動でスイッチが切れることを確認しました。


でも元々熱でスイッチも変形しちゃってますし、
いつ端子とツメが外れて通電しっぱなしになるか解らないので
結局次のゴミの日に廃棄することにしました。
これを使い続けるのはさすがに怖いです。


今回廃棄という結果になりましたが、中の作りを見て遊べて楽しかったですよ。
もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします
スポンサーサイト

自転車 ギアの調整

子供から自転車がパンクしたと言われ、「あいよっ」といつものようにパンク修理をしていた時、
ギアを低くするとガチャガチャ言って走り辛いという話が出ました。

IMG_8544.jpg

確かにガチャガチャ言いますね。多分どっかの調整でいけるはず。
納車の時に自転車屋の兄ちゃんがドライバー片手にギアの調整をしたので。

と言っても調整の仕方なんてわからない。
Google先生に聞いてみたら解説しているサイトを見つけました。

外装変速機のディレイラーの調整

へー。こんな作りになっているのね。良い勉強になります。

子供の自転車の状況を見ると単に低速側のふり幅が小さい、というよりは
全体的に高速側に寄っている感じ。すなわちワイヤーが伸びたかして緩んでいる状態でした。

なので下の写真のようにワイヤーの遊び調整をして解決♪

IMG_8545.jpg


自転車の修理は昔からやってますが、ギアの調整は今回初めてでした。
良い勉強になりましたよ。

もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

扇風機修理その1

先日知人の引越しの関係で扇風機を入手しました。2011年製の扇風機です。
震災の時に購入したのですが、今じゃ調子も悪いし転居先では不要になったそうな。

IMG_8745.jpg

自宅では扇風機は不足しているので喜んで持ち帰ってきたのですが
動かしてみると確かに調子が悪いですね。

・羽の動きが渋い(スイッチをOFFにするとすぐに羽が止まる)
・中でシュルシュルと摺れる音がする

モーター周りがおかしくなっているのでしょうか。
って事でちょっと遊んでみました。(^^;


まずはカバーの分解。

カバーの中は埃がいっぱい溜まっています。
下手に埃を飛ばしたらくしゃみが止まらなくなりそうです。
IMG_8709.jpg

とりあえずモータまで分解しました。
IMG_8713.jpg

見るとシャフトの軸受けの部分が焼けてますね(^^;
IMG_8714.jpg

軸受けの内部もカラカラに乾いてます。
IMG_8716_001.jpg

出ている症状の原因はオイル切れですね(^^;
どこまで直るか解りませんがグリスアップしてみましょう。


まずはシャフト部分。焼けている部分を#1500のサンドペーパーに
CRC-556を侵して軽くこすり、その後からピカールで仕上げ。
焼けていた部分が綺麗になりました。
IMG_8721.jpg

次に軸受け部分。解り辛いですがフエルトのようなスポンジが入っていて
そこをオイルでヒタヒタにしておくことで焼きつかないようにしている作りです。
IMG_8731_001.jpg

まずシャフトが当たる軸受けの内部に機械用のオイルをたっぷり注油。
次にフエルト部分にもオイル流し込んでみましたが
フエルトがオイルを吸い取っているようには見えにくい・・・ですねぇ。
大外のカバー部分が黄色くコーキングされているので外に漏れることはないだろうと思い
大外のカバー内部にもオイルを注油しておきました。(本当にこれでいいのか?)

もしそれでも再度焼きつくようなら・・・直接軸受けの部分に
モリブデングリスでも使いますかね。

軸受けは前と後ろの2箇所にあり、双方とも同じようにグリスアップしました。
とりあえずモーター周りのオーバーホールは一旦これでOK。



次はネジの補修です。
最初の分解のときに首振り用のアーム部分を
止めているネジを折ってしまったんですよ。

IMG_8728.jpg

樹脂相手のボルトが折れる???おかしいと思ったら・・・なんと逆ネジ(爆)
作りを考えたら逆ネジなのも納得しますが分解時は思いもしなかったです。orz
IMG_8730.jpg

首振りのアームを固定しているだけの単純なネジなので、
少々径が大きい普通のネジをねじ込んで固定すれば良いでしょう。
工具箱を漁っていたら丁度よさそうなネジが見つかりました。
IMG_8736.jpg

試しに止めてみたら丁度良さそうです。
もし緩んで頻繁に外れるようならボルトを通しましょう。
IMG_8737.jpg



とりあえずこれで一旦組み上げてみました。渋い動きも解消され
スムーズに羽が回るようになり、スイッチをOFFにしても直ぐに止まりません。
当初あった異音も随分なくなりました。なかなか良い感じです。
IMG_8732.jpg


しかし音をよく聞いてみると首振りのメカの方から若干カリカリと音がしてます。
なので首振り部分もオーバーホールしてみます。

因みに首振りのメカが格納されている黒いカバーを外すときは
首振りスイッチの軸を抑えながら黒いカバーを外すのがコツ。

首振りスイッチが上がった状態で黒いカバーを外すと
中のスプリングやボールベアリングなどの部品が飛び出してしまい
散らばった部品を探すことになります。というか・・・なりました(笑)
IMG_8738.jpg

作りを見ると羽のモータの回転をギアで減速して首振り用のアームを動かす仕組みです。
因みにこの白い軸を抜く場合、グリスのついている白いギアも一緒に引き上げないと
スプリングとボールベアリングが飛び出すわけで(笑)
IMG_8739.jpg

軸の部分の作りはこんな感じです。
IMG_8741.jpg

とりあえず分解も出来たので古いグリスを除去し再度グリスアップしました。
IMG_8744.jpg


再度組み上げてみたところ、首振りのメカ部分からの音は完全に消えないですが
より静かによりスムーズに首を振るようになりました。

IMG_8745.jpg


今回扇風機は初めてでしたが良い勉強をさせてもらいました。
家にある他の扇風機も見てみたいですね。

以上、内容的には扇風機の修理、というよりオーバーホールでした。

もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

ミニコンポ修理(ONKYO FR-7GX)

======================================
2013/05/01 追記しました。
======================================

最近ミニコンポの修理で遊んでます。
今回はONKYOのミニコンポに手を出してみました。

ラベルにはCD読めない、MD読めないと説明書きがありましたが、
自分が触った分にはMDは問題なさそう。CDの出し入れはOKですが
単純にCDが読めない様子。これを修理したいと思います。

IMG_8359.jpg


今回の機種は分解、修理などを紹介しているサイトがあったのでそこを参考にさせてもらいました。

http://www.suwa-koubou.jp/

1点注意するのはフロントパネルからリアパネルに繋がるヘッドフォン関係のケーブルの抜き方。
上記のサイトにも書いてあるのですが「コネクタを押してケーブルを引き抜く」タイプです。
これにしばらく悩みました。

IMG_8264.jpg

一度分解してCDユニットを外出しにした形で動作確認。
読もうとするのだけど、焦点が合わず1/4回転位で止まってしまいます。

IMG_8232.jpg

PCエンジンで言うとVR102辺りがずれているような感じ。
でもこの手のコンポってレーザー調整のボリュームしかないのでどうしようもない状況。

ネットの情報ではCDトレーのベルトがくたびれていると
ピックアップが上まで上がりきらずCDが読めないという話もあるので
代替の交換ベルトを仕入れて比べてみます。

IMG_8230.jpg

若干変形してましたが、滑っている感じではないですね。
結果としてベルト交換しても症状は変わらず。

IMG_8231.jpg

仕方がないので交換用ピックアップを海外から取り寄せます。
国内でも売っているのですが値段が高いので。。


待つこと半月。待ちわびた SONY KSS-213C が届きました。
1個あれば良いのですが個体差が大きな製品なので3個注文しました。

IMG_8342.jpg

因みに左は純正のKSS-213CL 、右は交換用のピックアップのKSS-213C。
新品なので半田を除去する必要があります。

IMG_8351.jpg

早速交換してみたところ、大体音楽CDは認識するようになりました。
しかし特定のディスクではCDを認識しなかったり
音飛びもポロポロ発生にするので動作がイマイチですね。
プレスの音楽CDがこんな状態なのでCD-Rは運がよければ認識というレベルです。

IMG_8389.jpg

他のピックアップにも交換してみましたが音飛びが完全に消えないですね。
面白いことに1Track、2Track辺りで音飛びや認識できない症状が出ています。

トラックの前半でおかしくなるのでピックアップのすべりが悪いのかと
再度念入りにスライドレールとピックアップ、ギア周りのグリスアップをしてみましたが
特に効果なし。 orz

本末転倒ですが千円札を1枚出してもう一台ジャンク品を仕入れてみました。
それも同じようにCDを認識しないジャンクですが、そちらではピックアップ交換で
音飛びも発生しないしCD-Rもきちんと認識しました。

って事はピックアップだけでなくピックアップ周りのユニットにも原因があったようです。

IMG_8392.jpg

しかし原因が釈然としないですね。

今記事を書いていたら、前半トラックで音飛びやエラーが起きるのって
スピンドルモータ側とスライドレールで水平が取れてないんじゃない?って気がしてきました。
水平が取れてないからピックアップの位置によって距離が合わないのかも。。。
あくまで机上の想像ですが・・・・

IMG_8388


後日もうちょっと遊んでみます。


==================================================

ピックアップを交換したもののトラックの前半で音飛びが発生する件。
ピックアップのユニット、というかピックアップアセンブリに問題があるんじゃないの?
という予想から遊んでみました。

今までの切り分けなどを整理するとこんな感じです。

(1)音飛びは本体側の基板の問題ではない。
   CDドライブユニットを正常なものと交換して確認。

IMG_8372.jpg



(2)CDドライブユニットの問題でもない。
   ピックアップをアセンブリごと正常なものと交換して確認。
   CDの排出などを行うCDドライブユニットの問題でもないです。


 なので音飛びの原因はピックアップアセンブリのどこかにあります。
 ピックアップ自体は何個か交換してみたものの音飛びが綺麗に消えないという状況です。

IMG_8349.jpg



先に結論から言うと今回のコンポはスピンドルモータ周りが原因だったようです。


(原因1)スピンドルモータの軸がきちんと垂直になってない。

   写真ではわかり辛いですが微妙に外周側の方が幅が狭まってました。
   要は軸がピックアップ側に倒れている状態。
   ディスク面とピックアップの移動方向が平行でないなら
   ピックアップの場所によって音飛びが発生するのは当然と言えば当然ですね。

IMG_8584.jpg

   試しにビニールテープを貼り付けてディスクの高さの調整をしてみたところ
   音飛びの出る場所に変化が見られたので確実ですね。

IMG_8594.jpg


   スピンドルモータが斜めっているなら下の図のようにモータのネジを緩めて、
   モータと土台の間に紙でも挟んで平行にしようと考えました。

IMG_8592_002.jpg


   しかしこんな入り組んだ所のネジは自前の工具じゃ回せないです。
   更にスピンドルモータの先のディスクを乗せるプラスチック部分も
   軸にガッチリついてて簡単には外れません。何か特殊工具でも必要なのでしょうか。

IMG_8593.jpg

   結局ピックアップアセンブリの土台の鉄板を若干ひん曲げて調整してみました(無茶)
   これによってトラック前半でのみ音飛びが出ていたのが、
   トラック全体で音飛びが発生するようになりました。

   見た目の症状は悪化しましたが、水平がとれて症状が均一になったので一歩前進!!


(原因2)スピンドルモータの軸が曲がっててCDが1回転する間の上下のブレが大きい。

   てっきりディスク自体が変形していると思っていたのですが、
   正常なドライブと比較してみると上下のブレが結構大きい事に気づきました。

   更に言うなら音飛びのタイミングがCDの回転に会わせて起きています。

IMG_8587.jpg


   何で軸が変形しているのかわかりません。土台の鉄板を曲げるときは
   軸を曲げないようにかなり注意していたので犯人は私ではない(笑)

   CDの出し入れで何か引っかかって曲がったのか?でもそれ位で軸が変形するのかな。
   前の所有者が変にいじって曲げた?どうなんでしょ。



   長々と書いていますが、取り付けが水平でなかったという話、
   また軸が曲がっているという状況から考えると
   スピンドルモータを交換するしか対応策はないです。

   しかしスピンドルモータ単体の部品は売ってないようなので
   結局ピックアップを含めたピックアップアセンブリ交換ということになります。

   ebay:KSS-213C Mechanism
   CDPartsman:KSS-213C(ASSY)

   なおebayのピックアップアセンブリの場合、ディスクをマグネットで固定するタイプと
   ディスクをカチンとはめ込むタイプの2種類があるので購入時はご注意を。


   因みにググると「ピックアップ交換したが音飛びが消えない」という事例は
   チョロチョロ見かけますが、今回の原因が全てとは思ってません。
   ウチのミニコンポはこういう原因だったという事例の報告です。あしからず。

   以上、ONKYO FR-7GXの修理でした。

もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。