スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

OS更改(1)

今年度でXPのサポート期間が終了するため
今年のうちに自宅のPCのOSを変えなければいけないわけで。

自分が使うデスクトップPC2台のうち、
今回は普段あまり電源を入れていないデスクトップのOSを更改しました。

機種:DELL PowerEdge T100

S1306_IMG_9094.jpg

ガシャポンのリムーバブルHDDを使うため前面パネルは外しています。
5~6年前にNTT-Xのセールで購入したタワー型のサーバ機。
当時1.7万でマルチコアのマシンが手に入るという連絡を受け反射的に購入。
この激安サーバにXPを入れ一般的なクライアントPCとして利用していたのですが
今は世代交代し大事なデータを保管するファイルサーバとして利用してます。

因みにケースカバーを外すとこんな感じ。
S1306_IMG_9096.jpg

面白いことに正面から見ると左側にマザーがあり、
カードの挿し方やら全てが逆になっているサーバです。
(こういうタイプ・・名前は忘れました)

写真を見ると解りますが、玄人志向のRAIDカード(SiL3132)と2TB-HDDでRAID1を組み、
写真やらビデオやら大事なデータを保管しています。
また大量なデータを出し入れするのにガシャポンのリムーバブルHDDも搭載しています。




さて、マシンの説明はこの程度にして実際にやったこと。

今回OSを32bitから64bitに上げるにあたり、
ハード的にはメモリを4GBに増やしました。(単に他のマシンから4GB拝借)

実際のOSのインストール作業はたいしたことないのですが
インストール後のドライバ探しが面倒ですね。

・ビデオ(マザー実装)   DELLのサイトから入手
・サウンドブラスター   Win7用のドライバを製造元から入手
・玄人志向のRAIDカード  OEM元のサイトからWin7用のドライバを入手

これでデバイスマネージャ上の不明デバイスは綺麗に消えました。


因みにRAIDカードについてはカードのBIOSのアップデートも必要でした。
てっきりFDを使いBIOSの入れ替えをすると思っていたのですが
今はWindows上から簡単に更新出来ることにカルチャーショックを受けました。


また、いい機会なのでRAID1のHDD(2TB)もフォーマットしなおし。
ただ1.7TBのデータを書き戻すのに一日かかりますが。。。


後はアカウントを増やしたり共有フォルダの設定をしたりと
細かい作業は残っていますが、ひとまずOS更改はこれで大体完成かと。

S1306_IMG_9099.jpg

来月は写真に写っているもう片方のデスクトップのOS更改を予定してます。
(こっちは遊びで使っているから結構面倒くさい)

もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします
スポンサーサイト

モニターアーム自作

以前「ベッドでテレビが見たい」という欲望から
ワンセグテレビをベッド脇の鴨居に設置しました。

S1306_IMG_7641.jpg

これはこれで非常に良かったのですが、
体を横に向けないとテレビが見れないってのと片耳で音を聞く形になってたので
くねくね曲がるモニターアームの形にしたいと常々思っていました。

ただモニターアームといっても車載用のものは土台が吸盤とか両面テープのものが多い、
両脇から挟みこんで固定するタブレット用のものだと液晶が肉厚すぎて使えない、
だからと言ってPC用のモニターアームなんて高すぎ(^^;;;

でで、ハードオフとかのお店に行く度に手ごろなものはないか?
と気にしていた所・・・やっと巡り合えました。クリップライト(315円)です。

S1306_IMG_8939.jpg

このクリップライトの先を電球でなくワンセグテレビに変えれば
くねくねと角度も調整できるモニターアームが作れるかと。


まずはクリップライト側の作りを確認。
中空のくねくねパイプにケーブルが通ってて・・、くねくねパイプの先っぽはネジが切ってあって
そこにライトの傘の鉄板を通してナットで止めているだけ。(写真なし)
傘の鉄板部分がワッシャーのようになっているイメージです。


次にテレビ側。角度調節のための部品が色々着いているのですが、
よくよく調べてみると土台と角度調整用の部品は単に木ネジで繋いであるだけ(笑)
丁度良いので角度調整用の部品はそのまま使いましょう。
S1306_IMG_8952.jpg


さてこれらをどう繋ぐか。ホームセンターで100円のステーを買ってきました。
S1306_IMG_8971.jpg

開いている穴の間隔は液晶側の木ネジとぴったり。(そういうステーを選んでいるのですが)
くねくねアーム側は・・・ヤスリで四角く穴を広げました。
S1306_IMG_8954.jpg


早速組み上げてみます。くねくねアーム側のナットの締め上げがちょっとてこずりました。
今考えれば14mmのナットを片側だけでなく双方に入れて締め上げればサクッと出来ましたね。
S1306_IMG_8960.jpg

全体像としてはこんな感じ。
S1306_IMG_8962.jpg


さて具合はどうでしょうか。ん・・・なかなか良い感じです。
S1306_IMG_8965.jpg

そして出来上がった形がこれ。液晶の位置が高くなるので
体を横にする必要もないし液晶の向きを自由に調整できるのがGoodです。
S1306_IMG_8968.jpg


因みにクリップでベットに固定しようとした所、クリップが小さすぎたので
木材の切れ端を使って固定してます。とりあえず仮止めなのでタイラップで止めてますが
そのうちなんとかしようかと。
S1306_IMG_8967.jpg


これで更にただれた生活快適な生活が送れるようになりました。

===============================
2013.10 追記
本命のアームライトが手に入ったので作り直しました。
http://anythrepair.blog.fc2.com/blog-entry-46.html


以上、モニターアームの自作でした。





もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

CANON MP500 修理

実家がプリンターを買い換えた関係で
故障した古い方を引き上げてきました。

CANON MP500というかれこれ7年前のプリンターです。

S001_IMG_8643.jpg

症状としては、印刷した紙を受けるトレーが開いているにも関わらず
「排紙トレイが閉じています。左下のボタンを押して開いてください」と
怒られて印字が出来ないという状況。

S001_IMG_8645.jpg

多分どこかのセンサーか何かがおかしい?と想像しつつ
インターネットで調べてみると・・・予想通り。

トレイ右側にあるツメのような開閉センサーがおかしくなる持病が
このプリンターにはあるようで、修理報告が何件も出てました。
S001_IMG_656.jpg

さて家のプリンターはどの様な状況でしょう。何はともあれ分解してみます。
まずは側面のカバーを取り外します。
S001_848.jpg

側面のカバーを外すとスキャナーユニットが自由になるので
ケーブル類を外してスキャナー部分を取っ払います。
S001_913.jpg

更に天板を外します。因みにこの天板を外す場合、ネジの他に手差しトレー側に
引っかかっているツメを外す必要があります。ツメと言ってもボディに穴が開いているので
マイナスドライバーを突っ込んでツメを外すだけですが・・・
S001_854.jpg

やっと中身が見えてきました。
開閉センサーは正面右側のカードリーダのユニットにくっついています。
S001_912.jpg

カードリーダのユニットを外し、ユニットからセンサー部分を取り出してみました。
S001_911.jpg

テスター片手にセンサーのON/OFFを見てみましたが特に壊れている様子はないです。
ただセンサーの取り付けが甘く、センサーがぐらぐらしていたので
センサーの固定ネジを強めに締めなおしました。
S001_858.jpg

あとは逆の手順で組み上げます。スキャナーの取り付け(はめ込み)に少々手こずりましたが
そんなに苦労するものではないです。
S001_918.jpg

動作確認してみましたが特に問題ないですね。もしまた再発するようなら
ネットの情報にあるようにセンサー部分を直結させて常にONの状態にしましょうか。


ついでなのでサービスモードに入って排インクタンクの状況を見てみます。
S001_919.jpg

プリンターの使用状況を印字させると色々書かれています。
2006/05/05 から使い始めて、排インクタンクの状況は59.1%と出ています。
S001_920.jpg

結構数字が大きかったら更に分解してスポンジ周りの清掃も考えていましたが
印字する頻度を考えればまだ大丈夫ですね。

さて、これで無事修理となりましたが・・・
よくよく調べてみると既にこのプリンター用のインクってCANONから販売されてない(^^;;;
市場に出回っている分 or 互換インクを使っていくしかないようです(^^;

今の所プリンターと一緒に引き上げてきた予備のインクがありますが
それがなくなったら廃棄ですかね。。

以上、CANON MP500 の修理でした。
もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。