スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

自作デスクライト

前々から作業台の上(単なるコタツ)が暗いと感じていて電気スタンドを立てたりしていたのですが、
車やバイクの装飾に使われるLEDテープがアマゾンで安く売っているという話を聞いたのと
LEDで照明を自作するというネタを見たりするので試しに自分も作ってみたというお話です。

LEDテープによる照明というと電気スタンドの蛍光灯部分をLED化したとか、
水槽やフィギュアを照らすライトにしたとか、ネット見たりしますが
自分が考えたのは液晶モニタの上部に設置して作業台を明るくする。それだけです。
場所を取らないから作業台が狭くならないんですよ。

S1607_IMG_4160.jpg



材料としては、まずはLEDテープ。 5mで300円。 (約2.5m使用)
amazon_led_tape.jpg

そして輝度コントローラ。1個229円。明るさを調整できるようにしたかったので購入。
amazon_volume.jpg

そしてACアダプタ。12V5Aのものです。(プラグはセンタープラス、内径2.1外径5.5の一般的なもの)
家に転がっているアダプタを利用しても良かったのですが、容量に余裕を持たせたかったので購入。
amazon_ac.jpg

このほかダイソーで買ってきた乳白色のポリプロピレンシートとクッションつきケーブルフック
S1607_IMG_4165.jpg

S1607_IMG_4167.jpg

あとはホームセンターで買った30円のステー3本と家に転がっていた適当な木材、って所です。


点灯の仕組みはとても単純。ACアダプタにLEDテープをつなぐだけ。
実際に自分の環境ではどれくらいの量のLEDを使えばいいのか解らないので・・・まずは仮組み。
液晶モニタに両面テープのフックを貼り付け、セロハンテープでLEDを仮止めした板を乗せてみました。

S1607_IMG_4115.jpg

1列だと暗すぎ、1列ずつ追加していって4列並べるとそれなりの明るさになりました。
LEDテープの消費電力は1メートル当たり4.8w、使った長さが2.5mだから12Wですね。
ACアダプタが12Vだから1A、余裕もってACアダプタは2Aもあれば十分。わざわざ5Aを買うこともなかった。。

次に構造です。
まずは表面。LEDむき出しだとホコリが溜まったりするし、ギラギラと光が強すぎるから
半透明のカバーをかけよう。
そして裏面。仮組みで使ったフックにひっかける形が一番手っ取り早い。フックの材質が金属だから
フックを曲げることで角度の調整も出来ますね。

ってことでとりあえず幅60mm、厚さ9mmの板の表面と裏面に木枠を追加。
S1607_IMG_4135.jpg

裏面のフックに引っ掛ける部分はこんな感じにしました。3mm板に切れ目を作ってステーをねじ止め。
出来た四角い隙間に液晶側のフックを差し込む形です。(とても単純)
S1607_IMG_4156.jpg

表面はLEDテープを貼り付け、ダイソーのPPシートをカバーにしています。
S1607_IMG_4145.jpg

でで、実際に設置してみた写真がこちら。デスクライトのACアダプタは液晶モニタの裏側に設置してます。
S1607_IMG_4161.jpg

輝度コントローラでスイッチON。カバーをかけて少々暗くなるかと思いましたが十分明るいです。
コントローラで明るさも7?8?段階で調整できます。機能的には十分です。
S1607_IMG_4159.jpg

ちなみに液晶モニタ、ノートPC、デスクライトのACアダプタのコードが邪魔くさかったので
ダイソーで買ってきたフック付きのカゴをモニタに背負わせて
その中にACアダプタ関係をまとめました。 どうせならカゴをもう1個増やしてラズパイ3を格納したい気持ちも。。(^^;
S1607_IMG_4163.jpg

とりあえず場所を取らないデスクライトが完成です。お値段的にも安く作れたかなと。
みてくれも構造もアレですがとりあえず機能すればいいやってことで。(^^;

以上、デスクライトの自作でした。
もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。