スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

扇風機修理その2

先日1台の扇風機をオーバーホールしました。
調子にのってもう1台の扇風機にも手を出してみます。

これは上下の向きの角度がカチカチと止まらない、上を向けても
ストンと首が下がってしまう扇風機です。
IMG_8759.jpg

角度を固定する金具の部分が壊れているのは解るのですが、
分解して修理できそうなら修理してみます。

早速分解してみた所・・・故障箇所が見えました。
ピンか何かがポツポツの穴にはまることで角度を固定しているようですが、
プラスチック部品が割れてピンがなくなっています。
(黒く飛び出しているのはピンを押さえるバネです)

IMG_8762.jpg

さて、どうやってピンの部分を再生しましょうか。
ピン自体が見当たらないので元々どういう形をしていたかも解りません(^^;

スプリングの内径は2.6ミリ、ピン自体が入るスペースが4ミリって所でしょうか。
家のネジやボルトを見回した所、よさげなものが見つかりました。L字のフックです。
金ノコで切り落としてヤスリで頭を円錐形に整えてみました。
IMG_8763_001.jpg

ネジが切られているのでスプリングとのかみ合わせ部分の調整も楽です。こりゃいいや。
IMG_8764.jpg

早速組みつけてみました。ちょっと硬いですがちゃんとカチカチと角度が止まります。OKOK。
IMG_8769.jpg

ピンの代用品が思ったより柔らかい金属なので耐久性が心配ですが、
首が据わらない扇風機をなんとか修理することが出来ました。やってみるもんです。
IMG_8772.jpg

以上、扇風機2台目の修理でした。

=================================================
2015.06 追記

同じく首がすわらない扇風機を修理したので追記します。

前回修理したときは首を固定するためのピンが解りませんでしたが、
実はピンではなくボールだったことが解りました。

S1506_IMG_2354.jpg

前回L字のフックを加工してピンを再生しましたが、
今回はタッピングビスを使いました。

S1506_IMG_2356.jpg

前回と同じようにタッピングビスをバネにねじ込んで本体にセットします。

S1506_IMG_2357.jpg

無加工だとビスの頭の形が合ってないので、
角度の固定は出来るもののカチカチと決まった角度には収まりません。
きちんと直すなら前回と同様にビスの頭を円錐形に加工すると良いです。

S1506_IMG_2358.jpg

スポンサーサイト

もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

この記事へのコメント:

ファミコン現役 : 2013/05/24 (金) 21:51:15

うちの扇風機も首の角度がコテされないものがありますね何度も触れば固定されるので
外れかけか折れかけだと思いますが他の箇所を壊しかねないので修理せずにホッタラカシです。

館のおじさん : 2013/05/26 (日) 23:57:05

首の調子が悪くとも運用に大きな支障が出てないなら
放ったらかしもOKでしょう。うちも壊れたまましばらく放置してましたし。

今は値段も安い分、耐用年数も余り長く考えてないのか
すぐ壊れちゃうものが多いですね。

ファミコン現役 : 2013/05/27 (月) 20:37:57

今の製品は耐久年数低い分安いですね。

家に母が約30年前に買った扇風機有りましたからね
壊れる気配無かったが火を噴きながら壊れる危険を感じ捨ててしましましたけどね。

それにしても今の製品は、長持ちさせないほうが得って感じるのはなぜだろうか
やはりメーカー修理の対応が雑で高額請求するからでしょうね。
昔は、買い替えより修理を勧められる方が多かった気がするだけに残念。

K.J. : 2016/10/28 (金) 22:25:27

素晴らしい記事をありがとうございます!
自力では無理だと思っていた不具合に対処する事が出来ました(頭を削る作業を来シーズンに残しています)。
リンクを張らせて頂きました!

館のおじさん : 2016/10/31 (月) 20:50:36

無事に復活出来たようでなによりです。
そしてリンクもありがとうございます。
後でリンク先を覗いてみます。

管理人のみ通知 :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。