スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

扇風機修理その3

子供部屋で使っているクリップ式の扇風機を落っことしたか何かして動かなくなったとのこと。

全く手入れもしてなかった扇風機だったのでオーバーホールを兼ねてちょっと分解してみました。
今までの経験で作りは大体わかるので分解やオーバーホールは特に問題なし。
動かない理由は落としたときの衝撃でシャフトを固定する部材の樹脂製の薄いワッシャーが変形して
シャフトとコイルの隙間がおかしくなっていたためでした。

S1408_IMG_0212.jpg

とりあえず動くようになったのですが、羽を覆うプラスチック製のカゴが
経年劣化と落とした時の衝撃でバキバキに割れてしまってました。(裏側の白い部分です)
カゴが自由に動くので羽に当たって危ない状態。

子供が使うので危ないから捨てるしかないか?と思っていた所・・・
翌日見ると修理してありカゴのぐらぐらもきちんと固定されています(^^;

S1408_IMG_0446.jpg

そう。館のおじさんでなく、館のおばさんがザルを使って修理してました。
ザルをニッパでくりぬき、カゴの裏側にはめ込んでワイヤーで固定したそうです(^^;

S1408_IMG_0442.jpg

今回初登場の館のおばさんですが、館のおばさんも何気に修理したりするんですよ。

以上、扇風機3台目の修理でした。
スポンサーサイト

もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。