スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

PF管の追加

既設の同軸が地デジに対応してないから同軸を引き直すという話、
また次のステップで光ファイバーを引き込む準備ということで
とうとう外壁(と言っても2階の軒下に)穴を開け、PF管を通しながら配線を引き始めました。

左側のPF管は単に屋根裏に設置している地デジアンテナ関連への配管です。
右側のPF管はフレッツ光を引いた時に1階天井裏まで光ファイバーを引き込むための配管です。

S1408_IMG_0555.jpg

軒下からのPF管のうち左側の同軸ケーブルの引き込みは屋根裏がゴールなので単に軒下を通せば終わり。

問題は右側のPF管です。軒下から屋根裏に引き上げた後、
最終的に1階の天井裏まで引き込む必要があります。

屋根裏→2階→1階天井裏までどうやって通すか色々悩んでいましたが、
運よく1階の押し入れの真上が2階の押し入れだったので、
天井裏→2階押し入れ→1階天井裏のラインでPF管を通す形を取りました。

正直な所、外壁から直接1階天井裏にファイバーを引き込む方法もあるのですが、
防水性が要求される外壁に新たに穴を開けるよりかは
軒下から通した方が安心できるのでこの形になっています。



で、軒下に穴を開け天井裏にPF管を引き込み、更に穴を開け2階押し入れを貫通させました。
本来なら内壁の中を通したいのですが、梁に穴を開けたくないのでしぶしぶ露出配管を行ってます。
S1408_IMG_0565.jpg

天井裏から2階の押し入れを通り1階の天井裏がゴールです。
この1階天井裏に光コンセントを作ってもらいONUやルーターを設置しようとしています。
S1408_IMG_0561.jpg

しかし家の構造も全く解らない時にとりあえず作った
左側の(意味のない)点検口が痛いですね。

写真の通り、とりあえず一本だけPF管が通ってますが
この1階天井裏から屋根裏にLANケーブルを通すPF管、
1階リビングへひかり電話のモジュラーケーブルを通すPF管など
まだ何本かPF管を通す必要があります。


因みに軒下や家の中に穴を開けるには木工用のホールソーを用いています。
モルタルの軒下にドリルドライバー+ホールソーで穴が開けられるか心配でしたが
安普請(やすぶしん)な家なのか?あっさり穴は開きました。

S1408_IMG_0553.jpg

引っ越しまであと1か月。コツコツとDIYを進めている状況です。

========================================================
[2014.09.06 追記]

とりあえず最低限の本数ってことでPF管4本を通しました。あとは入居してから様子を見ながら。。
S1409_IMG_0572.jpg

写真の通り、光ファイバーの引き込みは左側の露出ボックスに
光コンセントを作ってもらう予定で、完成するとこんな感じになります。
S1409_IMG_0579.jpg

これからは通したPF管の中に同軸やらLANやら色々通してく形になります。
スポンサーサイト

もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。