スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

扇風機修理その4

約20年使っている扇風機が最近調子悪く電源が入ったり入らなかったり。

先週とうとうウンともスンとも言わなくなったので修理してみました。

今回の扇風機は96年製のナショナルの扇風機。メイドインジャパンです。

S1508_IMG_2511.jpg

突然死でなく、徐々に調子が悪くなったこと。物理的な症状ではなさそうだったので
まずは基板の確認。基板までの通電は問題なし。ヒューズ切れも当然なし。

S1508_IMG_2500.jpg

基板からモーターへの電圧を測ると3V位しか出てないですね。どう見ても変。
見た感じ液漏れしていた訳でもないですが、基板上に470μFの電解コンデンサがあるので
とりあえず手持ちの在庫と交換しました。 20年前のコンデンサですからね。

S1508_IMG_2505.jpg

コンデンサ交換後、通電してみたら・・・前よりも元気に動いちゃいました(笑) 
やってみるもんです。 

S1508_IMG_2508.jpg


コンデンサの交換で動くのは確認できたので、
改めて扇風機の中をオーバーホールして修理完了。(今回オーバーホールの写真はなし)

以上、扇風機修理その4でした。
スポンサーサイト

もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

この記事へのコメント:

sd : 2016/11/10 (木) 00:30:29

基板を見てヒューズが気になりましたが
切れない限りは交換しなくても大丈夫なんですね

館のおじさん : 2016/11/15 (火) 00:06:20

細かいことはよく解りませんが切れたら通電しなくなるでしょうね。
まぁ切れたとしても交換するだけですが。

管理人のみ通知 :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。