スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

とれないボルト

こういうバイクの整備ネタはよそでやっているのですが
便利な工具があるのでちょっと記事にしてみます。

今回は「とれないボルト」を取り出す方法です。


まずはジャリジャリに錆びて取れなくなったボルト。

IMG_7009.jpg


プラスドライバーで回そうとしてもねじ山をなめてしまい回せません。

ショックドライバーでひっぱたいたら、土台のフレーム側が曲がってしまい
ショックドライバーも使えません。orz

仕方ないのでドリルを使ってボルトに穴を開け、
記事の後半に出てくる逆タップを叩き込もうとしたらドリルが折れてしまいました。orz orz

もう簡単には取れないのでしばらく放置していたのですが、
そういえば家にネジザウルスがあることを思い出し試してみました。

[ネジザウルス]
http://www.engineer.jp/products/nipper/np04/item_02/pz-56
ネジの頭をがっちり掴んで回すペンチで、思いのほか使えます。
一番使うのはショックドライバーで叩けない木ねじの場合が多いですね。


試しに錆びたボルトの頭を思いっきり挟み込んで回してみると・・嬉しいことになんとか回りますね。
少々時間がかかりましたがなんとか外せました。ほっと一息。

IMG_7025.jpg

やっぱりネジザウルスはすごいです。2000円位しますが一家に一本です。



無事ボルトは取れたのですが、ボルトの土台側のねじ山が一部つぶれてしまったようで、
新たなボルトが素直に入りません。仕方が無いのでタップで土台側のねじ山を修正。

IMG_7021.jpg

これで完全に元に戻りました。うれしいですね。




で、とれないボルトのもう一つがこのパターン。締めすぎてボルトを折ってしまいました。(大バカ)
こうなってしまうとネジザウルスで掴むことも出来ません。
この場合、バイク屋に泣きつく人も多いです。

IMG_7026.jpg


でもホームセンターに行くとボルト抜きの工具が300円くらいで売っているんですよね。

IMG_7027.jpg

逆ネジの形で切り込まれているビットで、折れたボルトにドリルで少々穴を開け、
このビットをハンマーで叩き込み、逆ネジ方向に回すと
折れたボルトが取り出せるという寸法。

IMG_7028.jpg


今回のボルトは結構柔らかくドリルでの穴あけは簡単でした。(だから折れたのか?(笑))
ビットを叩き込んで逆ネジ方向に回すだけでスルスルと折れたボルトが出てきます。
絶望している状態から開放されるせいか?ボルトが出てくる様は本当に気持ちいい。

IMG_7032.jpg

写真のように折れたボルトが取り外せました。

IMG_7034.jpg


説明するまでもないですが、因みにこの方法は金属相手の場合で、
プラスチック相手にこんなことするとハンマー一発で部材が砕けますのでご注意を。


以上、普段と毛色が違いますが「とれないボルト」でした。


---------- 2013.03.03 追記 -------------

平皿のネジが錆びて取れない場合のパターンを新たに追記。

バイクのブレーキのリザーブタンクでよく使われている形で
結構これに泣く人も多いと思います。

インパクトドライバーで引っぱたいたら
ネジ山をなめてしまった。(^^;さてどうしようか。。
ボルトが折れこんでいる訳ではないので逆タップも厳しいです。

IMG_7968.jpg

こういう時は逆にドリルで大きくほじって
ボルトの頭を飛ばしてしまいます。(昔からよくある方法です)

IMG_7969.jpg


ネジの頭が飛んでしまえば簡単にリザーブタンクのフタは取れる訳で。
フタが取れれば中からボルトの芯の部分がこんにちは。
(それにしても中が汚い)

IMG_7971.jpg


あとは芯の部分をつまんで取り出せばOKです。
因みにさび付いているのは頭の部分なので残った芯の部分はサクっと取れますよ。
(写真撮影のためにペンチでつまんでいますが、実際は工具なしに手で回すことも出来ました)

IMG_7972.jpg
スポンサーサイト

もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

この記事へのコメント:

館のおじさん : 2012/11/05 (月) 20:31:47

ステンレスのボルトやナットは探せばどこでも手に入りますよ。
ただ構造上の作りからあえてその素材を選んでいるボルトも結構あるので、
錆びにくい理由であちこちステンレスに変えると後で痛い目に会う場合も(^^;
今回は余っていたスチールの六角ボルトでとりあえず止めています。
場所的にはどうでも良いサイドカバーのボルトなので
そのうちヘックスローブのステンレスに変更です。

daiki69698516 : 2013/01/15 (火) 20:45:15

ツイッターから確認しましたが、残念ですが
ディスクシステムの修理に使える手段ではありませんね。
もう手のうち様がありません。

館のおじさん : 2013/01/15 (火) 23:57:25

あくまでアドバイスとして。
ボルトを緩めようとしてプラスのネジ山をナメてしまっただけなら
何かしら外す方法はありますよ。
頭は掴めるようなのでネジザウルスが手っ取り早いと思います。
鉄工所とかだとボルトの上に金属を溶接して外したりするのですが、
同じようにボルトにナットを立てた状態でテンコ盛りの半田付けをして
ナットをペンチで掴んでボルトを回したり出来ないかな?と考えたりします。
ゲーム機なのでM10などの太いボルトではないですし。
因みに自分で修理しようとミスって壊して
部品より高い工具を購入したことは(恥ずかしながら)何度もあります(笑)

sd : 2013/03/06 (水) 03:45:46

バイクについてはあまり知りませんが
リザーブタンクの中のオイルにも交換時期はありますか?

館のおじさん : 2013/03/07 (木) 00:43:30

大体ですが2年に一度はブレーキオイルの交換が必要と言われています。
ブレーキパッドが削れてなくなったらパッド交換と合わせて
オイル交換を考えてましたが、なかなかパッドが減らず気づくと6年?
ブレーキオイルだけでなく中の消耗部品も結構劣化しているので
フロントブレーキを全バラしてオーバーホール中です。

管理人のみ通知 :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。